簡単に会える深夜帯のテレフォンクラブ

日頃から、出会いを求めるなら、
10時〜15時くらいのテレクラが役に立つ!
と公言しているわたしですが、
実を言うと夜更けのテレホンクラブにこそ、
ツーショットの魅力はあると考えます。

これって実は矛盾している話ではないのです。
何故ならば、夜更けのテレホンクラブより平日の午前中の方が
エッチが出来る可能性は高いことは確実です。だけど、、深夜帯のテレフォンクラブは、変態率が高く、面白さでいうと、深夜帯が上を行くという話なのです。

それこそ、3Pを頼んでくるカップルだったり、
アナル調教して欲しいとせがむ人妻だったり・・・
変わり者の見本市なのです。

しかし、そんな深夜のツーショットダイヤルで、
気にかけておかないといけないコールがあります。
それは、相談しかしないテレホンクラブ中毒女のTELです。

このタイプの問題は、2つあります。
まず、トークがこちらまで落ち込ませるということ。
ツーショットダイヤルの楽しみ方は自由だと思います。
けれども、遊ぶか、そうでなければ話して楽しいと感じなければ、
男性はやっている意味がありません。
なのに、延々と答えの出ない相談をしてくるのです。

もう1つは、話をストップしない点です。
男性はお金を出してポイントを購入していることを分かっていないのか、
自分のストレスを発散したいことを延々と話すのです。
話が終わった時の脱力感といったら、無いです。

このタイプの女の子に当たったら、
無用なことは考えずにCBしましょう。
この選別を誤ると、ただでさえ大切な深夜のコールなのに、
無駄に時間を浪費されてしまいます。

なぜかと言うと、テレホンクラブはいくらでも女性と電話が出来るのだから、
1人の女の子にこだわる必要性はないのです。
あくまで息抜きなのだから、
ツライ思いをして出会うモノではありません。

テレホンクラブでは、こういったイタい子系以外にもテレレやスッポカシといった気苦労がありますが、
ノリノリで話せない相手は、即刻コールバックという向かい方にしていれば、
その度にイライラしないで良くなります。

そこで、若干テレクラ論に話は脱線しましたが、
関わりたくないヤツとは関わらないようにして、ツーショットを楽しんでください。

以上、これからのテレクラ活動を謳歌してください

サブコンテンツ

このページの先頭へ