ツーショットのスッポカシ防止策

私のツーショットダイヤル経験談の1つで、待ち合わせ場所に同じ見た目の女子2人が立っていたという話しがあります。

その時は、メガネのありなしと洋服の色だけを聞いて約束をしていました。 いま思えば、随分ずぼらなアポのやり方でしたが、当時は盛り上がってしまって、そこまで余裕がなかったですね(´・ω・`)

そして、躊躇していたら、1人の女子がいなくなったので、別のおんなの子に声をかけました。 すると、「誰?」という反応。。。 そうなんです。帰ってしまった女の子が目当ての女子だったのです。

同じ目に合わないように、特徴の確認は、少なくとも3つ以上は特徴を聞いておくようにしましょう。
もちろん、しつこく服装を聞きすぎて、女性を反感を買っても意味が無いので、
その加減は要領よく調節してくださいね。

先輩どのような待ち合わせ場所がイイの?

自分がよく使う所は、百貨店などに入っている混んでなさそうな喫茶店です。デパートやショッピングセンターのような誰でも知っている建物であれば、ドコか知らないということはありませんし、耳ざわりも良いです。

加えて、タリーズのようにユーザーが多い店でなければ、余裕で特定することができます。バカ正直にハチ公前でアポなんてしないでくださいねww

それから覚えておきたいのは、相手に対して合わせすぎて、よく知らない土地を約束する場所に選択しないことです。待ち合わせを探すことに大変な思いをするリスクは当たり前のこと、その後のデートでも何をすればイイか分からないなんて事態になりかねません。よく知っている待ち合わせスポットを指定するのは、大事です。

これらの前提を忘れずに待ち合わせを設定すれば、面白いデートが待っていますよ(´∀`)

サブコンテンツ

このページの先頭へ