待ち合わせの設定

ツーショットで遊ぶというと、
どういうことを話せばイイか?
という点に気持ちが向きますが、
意外とアポの場所に意識が向かない人が多いようです。
だけど、アポの場所の設定は、トークと同じレベルで大事です。

せっかくイイ雰囲気で話をできたのに、
アポの場所の指定をミスって会えなかった…
なんて泣くに泣けませんよね?

スマホがない時代の約束は大変でした。
お相手の雰囲気を聞いておいて、
それに近い女の子が待ち合わせポイントにいたら、
緊張しながら声をかけるといった具合でした。

この頃では、そういった緊張はありませんが、
それでもツーショットのアポはけっこう独特です。

ツーショットダイヤル特有のアポを理解して、
待ち合わせが出来た女の子は絶対にエッチしちゃいましょう!

テレフォンクラブの約束のシーンでは、スッポカシが氾濫しています。
それは、ハナからアポの場所に来ないパターンか、
来たけどタイプではないので、
そのまま帰ってしまう場合です。

これは男性会員も女性もやるので、
アポをとったからといって、
会うまでは、油断出来ないです。

だけど、わざわざ約束までしたのに、
外観だけで判定されて、立ち尽くすなんて悲しいですよね。
せめてお茶をしてから判定してもらいたいモノです。

そこで、私が提唱したいのは、観察出来ない場所を選択せよということす。

カンタンにいえば、室内にすることです。
室内にすれば、離れた所からの観察はできません。
ここまですれば、きっと女性も意を決して現れてくれるでしょう。

健闘をお祈りします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ