ツーショットでこんなドタキャンは悲しい!

ツーショットダイアルで遊ぶと、ドタキャンに遭遇することがあります。
この記事はすっぽかしの事例を分類して、
知見を蓄積することでこれからのテレクラ人生の参考にしましょう。

イタズラの事例

この手のドタキャンが近頃では減少したようです。
前は約束でハメられた利用者が何人も待ちぼうけ
なんて状況もありましたが、ここ10年はありませんね。

煮え切らない事例

こちらが遮二無二誘うから、
電話では断りきれなくて
アポしたものの結局、
ドタキャンしてしまうケース。
これは、あまりがっかりしないし、
話術をブラッシュアップすることで解消できますね。

ライバルに負けた例

ツーショットダイヤルに電話をするおんなの子はズル賢いです。
アナタとアポをとったからといって、
他の利用者と電話をしないということはありません。
より条件の良さそうな男性会員へチェンジする可能性は大です。
これもトークスキルを向上させて、対処するしかありません。

このようにドタキャンのケースは、いろいろです。
ほどほどは会話方法の強化で対応できますが、
相手がある以上、スッポカシに遭遇する恐れはゼロではありません。

ですから、すっぽかしに遭っても、いちいちイヤな気分にならずに、
運が悪かったと割り切れるメンタルの強さこそ、
最高のドタキャン対応策と言えるかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ