テレホンレディの手口

テレフォンレディーの対策をするのならば、パターンを覚えておくと良いでしょう。顕著なパターンを挙げていくと、以下のようになります。

  • テレフォンセックスにしようとする
  • 待ち合わせなどの突っ込んだ話題をかわそうとする
  • 約束を迷っているように見せる(じらし)
  • めちゃくちゃな質問攻めをする

①は、最も分かりやすいかもしれません。運が悪いと、かかった瞬間から、『ハァハァ』言ってることさえあります。テレフォンSEXが目的であれば、それに乗ってしまえば良いですが、会うを目的としているなら、スマートにお断りしましょう。

②は、テレフォンレディーのベーシックなやり口と言えます。
なかなか話が進まないと思ったら、テレレと判断します。この程度の長引かせ方をしているサクラは、まだ甘いと言えます。

③は容易に判断できません。
女性が本当の素人だった場合を考えて、攻めるのをためらうかもしれませんが、ココは強気で行きましょう。強い姿勢に行って断られたとしても、テレホンクラブならスグに次の機会が訪れます。

④は珍獣系と言えます。
とにかく早口なので、ゆっくり話すように頼んで、それでも変わらなければ、諦めて他の子にCBしましょう。意味もなく粘ってもイイことはありません。

上に挙げた傾向を踏まえて、怪しい女性の利用者に当たったら、注意するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ