ツーショットダイアルにおける会話のポイント

テレクラ未経験者にとって、
面識がない人とお話をするのは恐怖でさえありますね。
自分も同じように、悩みました。

だから、今回はツーショットダイヤルでの
会話の手がかりとなるような記事にしました。

つかみを仕上げる

ものすごく口が立つ芸人でも、
準備をしないでフリートークに臨みません。
特に、会場を温めるつかみに関しては、
磨くそうです。

ツーショットダイアルでも同様のことが言えます。
フリートークである以上、
トークはどちらの方向へ転ぶか分かりませんが、
つかみは、ある程度想定したように電話できるハズです。

ということで、自分専用のつかみを磨けば、
イイ感じでトークができる恐れが高くなります。
引いては、待ち合わせの恐れにまで影響を及ぼすので、
気合を入れて向上させていきましょう。

つかみのポイントは、
女の子が話しやすい空気を作ることです。
ちょっとアホなところがあったりするくらいがベストです。
まかり間違っても自慢話などはやらないようにしましょう。

確実なトークテーマを知りたい!

「好きなことを自由に会話をしてください」
こう言われて、アナタは流暢に電話できるとしたら、
間違いなく病気ですww 即病院へ行きましょう。

普通は、何か会話のキッカケがあって、
そこからイメージして話せるモノです。
テレフォンクラブでも、同様に会話のキッカケは必要です。

そんなわけで、初対面でも会話に乗りやすい
という前提を満たす会話の糸口が鉄板のネタと言えます。
話の乗りやすさを考えると、
専門知識を必要としない話題がピッタリです。

そういった前提を念頭に置いて、
私が提案したいのは、美味しい店トークです。

せやねんや女の子向け雑誌やフリーペーパーを見れば、明々白々。
女性は話題のモノが食べられるお店が大好物です。

おんなの子全般に可愛がられるうえに、
そのお店をネタにすれば、
アポの障害もガクっと低くなります。
むしろ、誰かと食事に行きたいと思っていた女性なら、
自分から進んで「行きたい~」とお願いするくらいです。

さらにプッシュしたい場合は、
ゴチソウするよ」とひと言付け加えれば、
より恐れは高くなります。
かなりの確実な話題なので、
これからのテレクラライフにぜひとも使用してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ