為になる!再ブレイクしたツーショットダイヤル

諸説ある中で最も確からしい情報として、
ツーショットダイアルの起源は東京だと言われています。
それまでコミュニケーションサービスそのものが発想になかったニホンでは、
この新しいサービスが一気に拡大をしていきました。

時代的には、よく言うバブル全盛期の
昭和の終盤から90年代前半。
ノリノリな空気感とけたたましいテレホンクラブの宣伝の歌が
変に合っていたことを記憶しています。

ツーショットダイヤルが出来た創世期は、
ローテクな状況だったので、
紙媒体の広告がほとんどでした。

エロ本などに記載された宣伝の番号に1ミリの不信感も抱かずに、若い女性がCALLしていました。

そして、そのコールを性欲が爆発しかけた男性会員が普通の電話の前で待ち構えているという、なんとも味わいのある場面でした(^▽^)

特にスタート期は、
TELを早い者勝ちで受けていったので、
半押し、半上げなど男性達は策を練って、
よりスマートなCALLの取り方を研究したものでした。

それから、フェアな取り継ぎ制を経て、
自宅でもTELを受けられる転送型へ仕組みを変化させていきました。

テレクラの再ブレイク

時代は進み、多くの人がモバイルを持つようになると、
出会い系が一躍時代の中心となりました。
出会い系が黄金期を迎えた頃には、
テレホンクラブは過去の遺物のように見なされました。

しかし、出会いサイト関連の社会問題が噴出し、
コミュニティサイト=危険という意識が世の中に広がると、
以前からのユーザーはテレホンクラブへ回帰する流れが出てきました。

現在は出会いサイトの秀でた部分を取り込みつつ、
確実にコールできる、新たなコミュニケーションツールとして、
テレクラが再び注目を集め始めたのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ